小児歯科治療方針


最初は緊張していたり治療を嫌がったりしているお子様でも、歯医者さんと仲良しになることで治療を頑張ってくれるようになることがよくあります。当院では、全てのお子さまと「仲良しになる」ことを大切にしています。

治療をする前に、器具に触ってみたり、機械を使ってお口のお掃除をしたり、簡単なことだけを行って歯医者さんの練習をする場合があります(トレーニング)。

しかしながら、治療を先延ばしにすることで、虫歯も進んでしまいますので、トレーニングだけを何度も繰り返すことはお勧めしていません。

乳歯の根の先には、「永久歯の卵」が眠っています。乳歯の虫歯がひどくなると、永久歯が正常に育たなくなってしまうことがあります。 最初に虫歯を見つけたときに治療しておけば、たった1回の簡単な治療で済んだはずの虫歯も、進行すればするほど、その治療に必要な時間も回数も増え、永久歯に悪い影響を与えるリスクも増えていきます。


小児の歯科治療については「子供が嫌がる治療はしない」という考え方もありますが、当院では必要と判断される治療は「なるべく早く」「確実に」行うことをお勧めしています。
歯が生えたばかりの赤ちゃんでも、泣きむしさんでも大暴れくんでも大丈夫。私たちは子ども専門の歯医者さんです。

子どもの歯は、大人とは違うことがたくさんあります。一刻も早く治療しなくてはならない状態もあれば、「穴が大きいから神経の治療をする」ことが適切ではない場合もあります。子ども専用の特別な器具を用いて、子どものための治療を行います。 乳歯の虫歯が原因で大切な永久歯がとりかえしのつかないことになる前に、ぜひ一度ご相談ください。


使用器具について

【開口器】
(「お口の椅子」と呼んでいます。)
子どもは長時間お口を開けているのが難しい場合があります。 治療の途中でお口が閉じてしまうと大変危険なため、開口器と呼ばれるブロックを使用します。
【ラバーダム】
(「お口のレインコート」と呼んでいます。)
ラバーダムというゴムシートを使用して、治療する歯だけを出して行います。 子どもは大人に比べ唾液の量がとても多いのですが、歯科治療の材料はそのほとんどが唾液に触れると効果を失ってしまいます。 ラバーダムをすることで治療場所が唾液に触れないようにすることができます。 また、治療中に舌や頬を動かしてしまい、器具が接触して怪我をしてしまうことを防ぐことや、 歯を削っている最中のお水や治療に使用するお薬が口の中に入らないようにする目的があります。
がんばったお友達には、おみやげがあるかも!?


(小児歯科案内に戻る)


◎当歯科医院の診療案内
【診療科目】
矯正歯科(成人矯正・小児矯正)
小児歯科
(各種保険取扱いあり)

【診療時間】(予約制)
月・水・金AM12:00-PM6:30
AM10:00-PM6:30
土(第1・第2・第4)AM9:30-PM3:30
日(第4)AM9:30-PM3:30
今月の診療日はこちらで確認してください。

【予約方法】
電話 048-998-3335 (診療時間内)
お問い合わせフォーム (24時間受付)
◎当歯科医院へのアクセス
最寄駅:つくばエクスプレス・八潮駅 徒歩3分, 駐車場有り
大きな地図で見る


まゆみ矯正こども歯科
〒340-0826 埼玉県八潮市茜町1-8-4-1F, 電話番号 048-998-3335
Copyright (C) 2012 まゆみ矯正こども歯科 All Right Reserved.