矯正歯科治療について


矯正治療は、
小学生くらいの時期にアゴの成長をコントロールしていく子どもの初期矯正治療
おとなの歯が生えそろった中学生くらいの時期以降から行う歯並び・咬み合わせを整える
本格矯正治療
があります。

治療開始時期は、年齢でなく歯並びの症状により異なります。とくに子どもの矯正は成長の過程にあるため、早めに相談することで適切な情報を得ることができ、余裕をもった治療計画を立てることができます。
また、最近では成人をすぎてから矯正をされる方が多くなりました。 歯ぐきの状態が良好であれば、高齢の方でも矯正可能です。
当院では、無料で矯正相談を行っていますのでお気軽にご相談下さい。

子どもの矯正治療については医療費控除の対象になります。

子どもの矯正治療

「おとなの歯が出てきたら、すごく大きいので矯正が必要でしょうか?」、「矯正は早ければ早い方が良い?」 といったご相談を多く受けます。

歯の生え変わりの時期は、アゴが大きく成長する時期でもあるため(歯の大きさは成長しません)、アゴが成長することにより、自然に歯並びや咬み合わせがよくなることもあります。
(※しかし生えてきたばかりの歯は、未成熟(弱い歯質)なため、フッ化物洗口、フッ化物塗布などで歯を強くしていきましょう。)

当院では、多くの場合矯正相談後すぐに矯正をお勧めすることはありません。
その子の歯の大きさ、アゴの成長と歯の生え変わり、咬み合わせ、顔の形などを経過観察しながら、
「子どもの早期矯正が必要なのか」を見極めていきます。

子どもの早期矯正に関しては、色々な情報が溢れているのが現状ですが、当院では
日本矯正歯科学会の診療ガイドライン(上顎前突、成長期の骨格性下顎前突)を遵守し、エビデンス(科学的根拠)に基づいた治療を提供いたします。

当院での子どもの早期矯正は、
取り外しのきく、夜寝るときだけに使用する装置(下の写真参考)や上アゴに部分的にだけワイヤーを通す装置を使用します。

大人の矯正治療

1つ1つの歯に装置を接着し、そこにワイヤーを通していくことにより歯並びを整えます。

歯を抜かずに行う治療と抜いて行う治療、矯正装置をなるべく目立たなくして行う治療、痛みに優しいワイヤーを使用する治療など多様な治療方法があります。 患者さん一人一人に合わせた治療方針を提案いたします。

【抜歯して行った矯正治療例】
症例によっては抜歯をすることできれいな口元になり、治療後の安定性が向上します。

治療前 治療後

【舌側矯正】
矯正装置を主に歯の裏側に取り付けて行う治療方法です。
当院ではリンガルブラケット矯正装置(クリッピーL)カスタムメード型リンガルブラケット装置(インコグニート)を導入しています。

【ハーフリンガル】
舌側装置は、発音するたび、食事をするたびに舌に装置が当たって、痛みが出ます。
特に下あごの奥歯の装置は、舌の横が常にあたってくるため、非常に強い痛みが続きます。
当院では、目立ちやすい上顎は舌側、下顎は唇側のブラケットのハーフリンガルをお勧めしています。

【歯科矯正用アンカースクリュー】
成人の方には、歯科矯正用アンカースクリューを使用することにより、ヘッドギアを用いることなく迅速な歯の移動が行えます。 アンカースクリューは治療終了時に除去します。

治療の流れ

個々に合わせた治療計画を立てて治療を進めていきます。


◎当歯科医院の診療案内
【診療科目】
矯正歯科(成人矯正・小児矯正)
小児歯科
(各種保険取扱いあり)

【診療時間】(予約制)
月・金AM12:00-PM6:30
火・水AM10:00-PM6:30
土(第1・第2・第4)AM9:30-PM3:30
日(第4)AM9:30-PM3:30
今月の診療日はこちらで確認してください。

【予約方法】
電話 048-998-3335 (診療時間内)
お問い合わせフォーム (24時間受付)
◎当歯科医院へのアクセス
最寄駅:つくばエクスプレス・八潮駅 徒歩3分, 駐車場有り
大きな地図で見る


まゆみ矯正こども歯科
〒340-0826 埼玉県八潮市茜町1-8-4-1F, 電話番号 048-998-3335
Copyright (C) 2012 まゆみ矯正こども歯科 All Right Reserved.